• このエントリーをはてなブックマークに追加

ガレージ付き注文住宅のいろいろ

ガレージ付き注文住宅と行っても様々なデザインがあります。折角の注文住宅ですから、ガレージにもこだわっていろいろな用途を検討してみてはいかがでしょうか。建て売りの場合は決められたデザインのマイホームに住むことになりますが、注文住宅はこうすれば良かったなどと思いがちです。家に対しては慎重に検討したものの、ガレージに関してはそれほど考えなかったというのではもったいないので、是非どのようにガレージを使いたいのかじっくり考えてください。

スキップフロアガレージ

狭い土地でビルトインタイプのガレージ付き注文住宅にする場合、スキップフロアという方法があります。床面積を広げる方法で、家の中に1.5階を設けて段差をつけることで見た目を広く感じさせることが出来ます。スキップフロアの下は収納庫にすることが多いので、ここに車用のグッズを置いたり様々なものを収納できるので、住居を広く使えるようになります。重たい荷物を買ってきた場合でも、車から下ろして直ぐに収納スペースへ持って行けるので大変便利です。2階建てでも3畳以上の広さを確保できるので法律によって高さ制限が設けられている土地では、有効的な手段と言えます。特に高低差がある土地の場合にはガレージからスキップフロアを着けるとデッドスペースを最小限にすることができます。日の当たらない方をガレージにしてスキップフロアでリビングから光を取り込めば、全体が明るい空間となります。

ガレージの上ソーラーパネルを付ける

平屋のガレージ付き注文住宅や敷地が広く住居とは別のガレージを設置している場合は屋根にソーラーパネルを設置する方法もあります。今、日本国内では電力を確保するための様々な議論が交わされています。このような状態の時に自分で電力を確保できるエコ生活は、とても重要なことです。地震大国の日本は、いつ地震がおこり停電になるか分かりません。そのときにソーラーパネルによる自立運転は強い味方となります。2018年に起こった北海道の停電では9割近くの人が自立運転を使用したため、冷蔵庫のものが腐らなかったり、炊飯器でご飯が炊けたりと最低限の生活は可能でした。このようなオプションの機能も住宅を建てるときに一緒に行った方がリーズナブルになります。ガレージ付き注文住宅は様々な要望を叶えられることで、理想のマイホームを建てることが出来ます。ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

ピックアップ記事

ガレージ付き注文住宅のいろいろ

ガレージ付き注文住宅と行っても様々なデザインがあります。折角の注文住宅ですから、ガレージにもこだわっていろいろな用途を検討してみてはいかがでしょうか。建て売りの場合は決められたデザインのマイホームに住...

カーポートと違うガレージ付き注文住宅

カーポートとガレージの大きな違いは、カーポートは柱と屋根だけなのに対して、ガレージは四方が囲まれているという点です。カーポートでも雨風はしのげますが、ガレージと比べるとかなり違いがあります。もちろんカ...

平屋のガレージ付き注文住宅

平屋の家でガレージ付きにすると全てが平面ですむためにとても便利です。ガレージ付きの中でも特にビルトインタイプにすると雨に濡れることもなく全てを済ませることが出来るので、理想的です。広い土地がなければ出...

ビルトインタイプのガレージ付き注文住宅について

生活の移動手段として車が多い方や、車をこよなく愛している方にとってはビルトインタイプのガレージは魅力的です。特に1階をガレージにしてその上に住居を構えるデザインは、狭い土地でも可能なため都心などでは人...