賃貸の暑さ対策とは

木造の賃貸物件のメリット


トップ » 木造の賃貸物件のメリット
不透明こはく - 1/17の誕生石
誕生石ブログパーツ

もっと情報一覧

賃貸アパートの利点について

木造建築の賃貸アパートに入居していると、意外と快適に過ごせる場合も多いのです。それは木材が、吸湿効果と放湿効果を備えているため、室内の湿度を微調整してくれるからです。風通しが悪いと、乾燥しにくくなるというデミリットはありますが、窓を開けて換気することができるような間取りであれば、問題ありません。夏は高温多湿で、ヒートアイランド現象も発生しやすくなっています。賃貸アパートを探すときには、珪藻土の内壁になっているタイプが良いでしょう。住み心地のよい部屋になっている可能性が高いのです。

賃貸が多数を占める土地・建物

賃料を取って貸し付けることを賃貸と言いますが、土地や建物といった不動産の場合には、これが借地、借家ということになります。土地や建物には、もちろん、自己所有の土地も建物もあるわけですが、その数から言えば圧倒的に借地、借家であるものの方が多数を占めている、と言えるでしょう。これはつまり、そうした土地や建物の貸し借りといったものによって、世の中が動いていると言うことができるわけで、このために、そうした取り引きを仲介している不動産業という産業が成り立っている、ということでもあります。