賃貸とクーリングオフ

賃貸でもクーリングオフ


トップ » 賃貸でもクーリングオフ
不透明こはく - 1/17の誕生石
誕生石ブログパーツ

もっと情報一覧

賃貸契約のクーリングオフ

クーリングオフとは訪問販売や勧誘などの営業形態に認められた制度であって、不動産の売買契約では適用されますが、賃貸契約には適用されません。この場合、「クーリングオフによるキャンセル」ではなく「契約の解除」とみなされ、礼金や仲介手数料や前家賃は返金されず、契約条項に短期解約違約金について書かれている場合、違約金を請求されることがあります。ただし、賃貸契約した部屋の広さや設備など、事前に聞いていた内容と契約した物件が違うなどの場合は、不動産屋が加盟している不動産協会に相談することによって、キャンセルできることもあるようです。

クーリングオフが出来るから安心

賃貸でも、契約時にクーリングオフが出来る場合があるので、安心して部屋を借りる事が出来ます。住宅に限らずですが、ショッピングなども可能なので助かる時が多いです。部屋を借りる時は、契約書を確認してから借りる事を勧めたいです。トラブルを防ぐ為にも重要です。ネットからでも情報収集すると良いです。不動産に関しては、難しい事が多いので、個人だけで理解しようとせず、周囲の人に聞く事も必要になります。解決出来ない事があれば、ネットで調べるか不動産会社に問合せる事を勧めたいです。クーリングオフがあるから、賃貸や家を購入する事が出来ると考えられます。